#8 スリマッカおにいさんが旅に出る理由はだいたい100こくらいあって

くるり先輩のあの曲にあやかってはじまった不定期連載のゆるめのコーナースリマッカーとスリマッカおにいさんの話


僕がシルクスクリーンというものを知ったのは

地元の美術館でやっていたポップアート展に行ったときでした。



パキッとした配色と、インパクトのあるデザインに、すっげーなーと目を輝かせたものでした。

そして僕は家に帰って調べるんです。


【シルクスクリーン やり方】 検索


そこに書いてあったのは、なんか太陽を駆使した大自然!な手順と地元の本屋さんとかには置いてなさそうな薬品の名前。

(当時文具といえば最寄りの「ザ本屋さん」で最新のグリップのいいシャーペンを取り揃えるのがお約束でした)


探せばそこにあったのでしょうか。

いや、なかろう。


ていうか、あれーシルクってなんだろう。

シルクロード?絹?中国?貿易の栄えたあのあれ?

ラクダ的な?


そして陸上部だった僕は悶々としながら

自主練の坂ダッシュに向かうのでした。


約10年後

シルクスクリーンをあきらめ、ステンシルばかりで遊んでいたころに、

スリマッカなるものに出会いました。


これやっべーやつじゃない?


となったのを覚えています。


それはまだスリマッカおにいさんがスリマッカおにいさんになる前の話。

たぶん同じような人が全国で多発しているはず!


シルクスクリーンやりたいけど、、と

諦めかけたみなさんに、お届けすべく

スリマッカーで全国まわります!

SURIMACCA+ NEWS

SURIMACCA PLUSのお店情報、スリマッカおにいさんのコラムなどのんびり連載中!

0コメント

  • 1000 / 1000